牡丹と薔薇最終回の失明について考察再放送と動画配信についても

2004年に放送されたフジテレビの有名な昼ドラ『牡丹と薔薇』が再放送されています。

40代の私は懐かしいの一言につきます。

当時はドロドロな恋愛ドラマがかなり衝撃的で面白く大ブレークしてました。

小沢真珠さんが放つ名台詞など話題になりましたね。

ところで最終回も衝撃的ですが、2人が失明してしまったのが不思議でした。

なぜ最終回、ぼたんと香世は失明していたのでしょうか。

牡丹と薔薇最終回の失明について考察、再放送と動画配信についてもまとめます。

スポンサーリンク

牡丹と薔薇最終回の失明のなぞ・考察

牡丹と薔薇の最終回は信州の山奥で療養していたぼたんと香世が失明しており、家族が迎えに来ても追い返し最後は2人姉妹で暮らすというなんともいえない最後を迎えました。

香世の失明は、由岐雄に殴られてしまった目の手術よりも腎不全で倒れてしまったぼたんの腎臓移植を香世自ら選んだためです。

しかしぼたんの失明は明らかにされていません。

最終回、ぼたんの失明を知った由岐雄はみはるに話すと

「やはり、牡丹と薔薇の姉妹なのね。香世の腎臓がぼたんに移植されたから一心同体なのよ。香世が失明したらぼたんも失明する。体がそういうふうになってしまうのよ。」

というが由岐雄は信じられず、ぼたんはきっと針で自分の目を突いて・・。と考えた。

真実はわからないままお話はENDです。

というわけで

ここから考察していきます

ぼたんの性格から、自分の目に針を刺す、という行為はやりそうですね。

でも自分が失明することで、どんなメリットがあるのか。

失明させてしまった香世のためになるのでしょうか。

腎臓移植後の合併症は肥満、糖尿病、動脈硬化などがありこれらを放置した結果失明もありうるみたいです。

話の流れでは姉妹が一心同体でそうなったようにみえますが、別荘で目の見えない妹と生活していくなかでしらないうちに合併症で目が悪くなってしまった可能性もあるということです。

腎不全が糖尿病のせいだったということも考えられますが、糖尿病網膜症は失明原因第1位です。

このブログの筆者ななは医療従事者のためこのような考察になってしまいました。

物語の最後がハッキリしない終わり方は視聴者が自由に想像を膨らませるという楽しみを残します。

見た人それぞれが、違った考察をして楽しんでください。

目に針を刺すのはこわい(^_^;)

スポンサーリンク

牡丹と薔薇再放送情報2022

牡丹と薔薇の再放送情報2022年版です

再放送はフジバラナイトSAT

土曜深夜25:45-27:45

4話連続放送5/15~

放送地域は関東のみ

(東京・神奈川・群馬・茨城・千葉・栃木・埼玉)

牡丹と薔薇の見逃し動画配信について

牡丹と薔薇の再放送2022年版は関東のみのため、見れない方がたくさんいますね。

深夜で4話連続となると見るのも大変です。

見逃しや最初から全部、好きな時に見たい方は動画配信サービスがおすすめです。

5月現在は2つの動画配信サービスでの配信があります。

FODプレミアム

U-NEXT

U-NEXTのメリットデメリットとおすすめ作品も紹介

新・牡丹と薔薇の動画配信/無料視聴する方法は?新旧両方みれる?

※この記事は2022/5月現在の情報です。最新の配信は公式サイトで確認してください

FODプレミアム  ◎  
U-NEXT
TVer×
Paravi×
ABEMA×
Amazonプライムビデオ×
Hulu×
※2022/5時点

無料視聴方法はこちら(^^)/

牡丹と薔薇最終回の失明について考察再放送と動画配信についても:まとめ

牡丹と薔薇最終回、失明のなぞについて個人的に考察してみました。

懐かしい映像、「この役立たずのブタ!」をもう一度みるには動画配信サービスがおすすめです。

牡丹と薔薇をまだみたことがない方で小沢真珠さんの代表作、ドロドロ昼ドラが見てみたい方にもおすすめな作品です。

牡丹と薔薇で白川裕二郎(純烈)が面白い!?

コメント

  1. 鈴梛 より:

    はじめまして
    牡丹と薔薇の再放送を観てしまいましたが、演じている役者達は悪くないですが脚本が悪い、品がないと思ってしまいました。
    由岐雄の想像が怖くてそれはないと思いました。
    登場人物がまともな人が少ないというかいない。

    麗香ちゃんが不憫で、まともに成長して欲しいと思いましたし、ぼたんが幼少期に保護され、野島家に無事帰り鏡子が逮捕され刑に服すというシナリオだったらダメなのかと思いました。

    観ていて後味悪いドラマだなと思いながら最終回まで観てしまいました。

    • Nana Nana より:

      コメントありがとうございます。2004年のドラマなので視聴者が面白い、注目される昼ドラを作った結果こうなったと思います。

タイトルとURLをコピーしました